「2 / ∞」(エイトブンノニ)大正ロケ 感想コメント

wanmao.JPG 

Q.「2 / ∞」ロケ。渋谷さんは今回が初めてでしたが、いかがでしたか?
        第一次出「2 / ∞」外景,覺得怎樣?

渋谷:楽しかったです。なんかのんびり、癒されましたね、今日は。楽器のお店もそうやし、船も。めっちゃ楽しかったですね!
           很好玩。今天有種悠閒、被治愈的感覺呢。不管是在樂器店還是船上。今天很快樂!

Q.丸山さんは中崎町に続いて2回目でしたが、街が変わるとまた違いましたか?
       丸山先生繼中崎町後第二次出外景,覺得街道不同會有所不同嗎?



丸山:違いましたね。街も変わると違うし、ロケの曜日が変わるとまた違うなって。
今の秋口の空気感は、外を散歩するにも適してますし、今日やったクルージングなんか、今の時期にちょうどいいんじゃないんですか? 暑すぎず、日焼けもしないし。今はどんな人でも、老若男女、外を楽しめる時期だと思うので、大正区の落ち着いた雰囲気とかも、おじいちゃんおばあちゃんとかにもいいんじゃないかなと思いましたね。
         不一樣呢。不單是到了另外一個街區,出外景的日子也不一樣。今天有初秋的氣氛,適合外出散步。今天坐過的小遊艇,在這個時節也很合適吧?不會太熱,也不會曬傷。現在是無論男女老幼都外出玩樂的時節,大正區安穩的氣氛對老爺爺老奶奶來說不也很不錯嗎?
         


Q.渋谷さんは、ロケのオープニングで、大正区はあまり来たことないっておっしゃってましたが?
      澀谷先生在外景一開始時說沒怎麼來過大正區?

渋谷:プライベートではないですね。仕事では、京セラドームにライブで来たりしますけど。あとは映画をやった舞台がこのへんやったんで、ロケをずっとこのへんでしてましたね。それぐらいですかね。街をゆっくりと楽しんだのは、今回が初めてです。この街が、なんか、沖縄とのつながりがある話とかも全然知らなかったし。接してみるといろいろとわかることもあって。歩いて見て、初めて分かることがありますね。ほんま人がおもしろいですね、やっぱり。
          私底下沒呢。工作上則到阪蛋開演唱會時來。還有因為出演的電影舞台在這邊,在街拍攝就一直在這邊。只有這樣。在這邊悠閒地玩樂,這次還真是第一次。也不知道這個區跟沖繩有關聯,接觸之後知道了不少。周圍走走看看,因此知道之前不知道的事。人果然很有趣呢。

Q.丸山さんは関西Jr.時代にいらっしゃったことがあるかもとオープニングでおっしゃってましたが?
       丸山先生在節目開頭說Jr.時代好像到過這裡是?
丸山:そうですね。でも、ジュニア時代にちょっとは歩いたことがあるっていう位で。成人して歩くと、味わいも変わってくるなというのも感じましたね。カレー屋さんでは、海外から来て本場の味を届けていらっしゃると聞いて、ナンも美味しかったですね! また、楽器店では、いろんな音が出る楽器があるんだなと。神秘的な気持ちにもなりましたね。
            嗯。不過Jr.時代知識稍微走過一下而已。長大之後再走一次,味道不同呢。聽說咖哩店是將海外正宗的咖哩味道帶來,印度烤餅很好吃呢!還有樂器店裡頭有發出各種聲音的樂器,有種神秘的氣氛呢。

   
Q.今回は、渋谷さん、丸山さんのペアでしたが、組んでみてどうでした?
      這次澀谷先生跟丸山先生試過這樣組合後覺得怎樣?

渋谷:好きになりましたね…丸を(笑)。もっといろんなとこに二人で行きたいなと思いましたね。プライベートでも♡好きになりましたね~(笑)。
           會喜歡上……maru呢(笑)。想兩個人去更多的地方。連鏡頭下的他也喜歡上了♡~(笑)

丸山:30歳を超えて、こうやって渋やんとロケするっていうのもいいなと思いましたね。20代だったら、もっとガツガツ、色々とやってた気がするんですけど。今回みたいに、落ち着いて腰据えて、空気を一緒に楽しむのっていうのが、何かいいなあ~って感じしましたね。
           過了30歲,能跟小澀這樣出外景不錯呢。如果是20歲的時候會更加鬧騰,做一大堆東西吧。像這次心情平穩,一起享受這種氣氛總覺得很棒呢。

Q.13年前、カンテレの番組『J3 KANSAI』でも、渋谷さんと丸山さんのお二人で船のロケに行かれたって聞いたんですが?
       聽說13年前在關西電視台的節目『J3 KANSAI』上,澀谷先生跟丸山先生兩人做過坐船的外景?

丸山:そう!2人で行きましたね~。あのときもっときゃぴきゃぴしてた気がするね。
           對!我們兩個人去了呢~那時活力十足很鬧騰。
渋谷:元気でしたね。
           很有精神呢。  
丸山:なんか、笑いを生み出さなアカンっていう感じがあったと思うけど(笑)。どっちかって言うとヒューマンな感じがしますね、今の方が。人と接して、出会ってというか。
          那時有種不笑不行的感覺(笑)。要說的話現在這樣更有人性呢。與人接觸、相遇。
渋谷:ヒューマン~♪
           Human(人性)~♪
丸山:なんか、フラットに楽しかった。
           總覺得是淡淡的愉快呢。

Q.今日のロケで「ジャニ勉」ぽかったなというところはありますか?
      今天很有『Janiben』感覺的地方是?
渋谷:ジャニ勉ぽかったの、何やろ~…。何やろな~自由さ?かな。そうですね。ジャニ勉は、スタジオでもあんまり決まりなく自由にやらさせてもらってるから、その感じはロケであったと思いますね。
           『Janiben』感覺的,是什麼呢~…究竟是什麼呢~大概是自由?嗯。在『Janiben』的錄影廠時也會放任我們自由發揮,這次外景也有那種感覺。

Q.『ジャニ勉』でリニューアルの話が出た際に、渋谷さんが「エイトでロケとか行ったらええんちゃう?」とアドバイスをくださったとプロデューサーから聞いたのですが?
        從製作人那裡得知,在『Janiben』要改版時,澀谷先生提議說『讓Eito出外景怎樣』?

渋谷:え?オレが?ほんまに(笑)?じゃあそうしときましょうか(笑)。
           誒?是我?真的假的(笑)?那就當是那樣吧(笑)。
丸山:ええ話(笑)。
           很不錯嘛(笑)。
渋谷:でも、たしかに「みんなでロケ」とは言いましたね。昔、ジャニ勉でようロケしてたからね。やっぱり、あれがすごい楽しかったので、そう言ったんやと思います(笑)。
            不過真的說了『大家去出外景』呢。因為以前『Janiben』經常出外景。我想是因為以前出外景太歡樂了所以才會那樣說吧。


Q.最後に、今回の大正ロケのみどころをお願いします!
      最後,請告訴大家這次大正外景的看點!

渋谷:いい意味でフラットなこの2人のテンション、空気感じゃないですかね。スタジオとはまたちょっと違ったロケならではのフラットな、フツーの感じを見てもらえるんじゃないかと思います! 普段、いつもこんな感じなんで、そのままな感じ。
          看點是好的方面來說是我們這兩個情緒起伏不高的人的平穩以及氛圍。能感受到與錄影廠不同的情緒與自由!平時就是這種感覺,一直都是這種感覺。

丸山:みどころは、もちろん僕たち二人の空気感もそうですし、皆さん自身が、僕たちがだべりながらブラブラしてる中から大正区の魅力みたいなのものを探してもらえたらいいかなと思いますね。それぞれが感じるところが違うと思うんで。色んな街の情報も盛り込めていると思うんで、自分なりのチョイスで、大正区の良さをぜひ、チョイスしてみてください!
          看點當然是我們之間的氣氛,希望大家能從我們邊說著無關要緊的話邊閒逛中發掘到大正區的魅力,每個地方有其獨特氣氛,也充滿各種街道資訊。大正的優點,以自己的方式去選選看吧!

(放著一個月才來做……我可沒忘記『船部』部長subaru廢部哦~!)

文章標籤
創作者介紹

成文堂

仲修 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()