グランプリシリーズ中国大会真っ最中の日本男子フィギュアスケーター勝生勇利です。ショートプログラムはノーミスパーソナルベストで首位発進!グランプリシリーズ初優勝に王手がかかったよ!

利也:勇利、おめでとう!おかげで盛り上がった!

優子:今までの中で一番エロスだったよー!

豪:フリーはあの調子で頑張れ!

三姉妹:勇利、がんばーー!!

 

ヴィクトル:勇利、寝てないでしょう。

勇利:は!ええええ、寝…ました!えっ、少しは…

ヴィクトル:夜の試合まで昼寝をすること。大丈夫だよ。オレいつも試合のときはギリギリまで寝てたし。

勇利:ヴィクトル!目覚ましは!?

 

諸岡:フィギュアスケートグランプリシリーズ第三戦、中国大会男子フリーまもなくです。

勇利:え、開かない。

ヴィクトル:勇利、昼寝できなかった?

勇利:へぃ!寝た寝た寝た。

ヴィクトル:六分間練習でジャンプ禁止!コーチ命令だよ、勇利ーー

 

諸岡:さー、後半、第二グルプの選手たちがリンクに飛び出してきます。

ヴィクトル:練習中にジャンプを失敗したら余計に自信をなくして試合に響くかもしれない。勇利はすぐあせちゃうから。

諸岡:大…丈夫でしょうか…勝生選手。練習を終え、暗いをお持ちです。

寛子:あらー

豪:この顔は…

優子:いままでよく見てきた表情…

 

ヴィクトル:ま、練習で決まなくても、本番で成功するとかよくあるよね。

勇利:ごめんなさい。

ヴィクトル:さ、軽くアップ続けようか。

 

光虹のコーチ:光虹、しっかりね!今日この日のために用意した最高のプログラムなんだから!中国の英雄になるのよ!

諸岡:さ、第一滑走は中国の若きエイス、季光虹、17歳、ショートプログラムは第6位でした。曲は映画’上海ブレイド’より 「The Inferno」 。今年のテーマは絆とバイオレンス。

光虹:コーチのゴリ押してこの曲にしたけど、何で裏社会の殺し屋をやって英雄になれるんだろう。

諸岡:オーバータンしましたが、ショートプログラムに引続き4回転トウループ成功!

光虹:上海裏社会で生きていたが、これが最後の仕事!この刀さえあれば、オレ一人で十分さ。

解説:トリプルアクセル、シングルルッツ、トリプルサルコウだ。

光虹:やった。練習よりうまくいってる。

諸岡:前半のジャンプすべて成功させました。

   さあ、初のグランプリシリーズでグランプリファイナル進出なるか。

   後半に入ってからジャンプが続きます。

解説:トリプルフリップ、トリプルトウループ

諸岡:転倒。

光虹:ノーミスで逆転優勝はなしか。

解説:トリプルループ、ダブルループ。

諸岡:ここは持ち直しできましたー!

光虹:ここからのストーリはなんだっけ?敵のアジトへ一人で乗り込む主人公。ボースが待つ最上階へ。昔の仲間と再会。プレシャーが消えたなら、それはそれでチャンス!

諸岡:さーステップシークエンス!カーチェイスのような疾走感!

光虹:クライマックスで誘われます!

   敵対組織のボースと一騎打ちになる主人公。組織に追われる仲間。

諸岡:最後のジャンプはダブルアクセルーきまったー!!

光虹:僕のグランプリシリーズはここで終わるけど、四大陸、世界選手権が残ってる。今より難度を上げて表彰台に登ってみせる!僕はこんなところで野垂れ死の男なんか絶対ならない!

諸岡:ひときわ大きな歓声に包まれています!季光虹!

   中国の季光虹248.69、暫定一です。

光虹:もうSNS全部やめて練習するー!

 

クリスのコーチ:クリス、いつもの通り自分のペースでいいからな。

クリス:はいーー。

美奈子:クリスーーー!!!

 

諸岡:次はショートプログラム5位、クリストフ・ジャコメッティ。スイスの25歳です。曲は「スペイン狂詩曲」。ショートプログラムではジャンプのミスが響き、中国の季光虹に技術点では下回りましたが、演技構成点では大きく差をつけて、5位スタート。フリーでは前半に4回転を3つ用意しています。

さー、最初のジャンプはジャコメッティの代名詞、超高難度4回転ルッツから。

きーーめたーー!!

クリスのコーチ:ヨーロぐらいの調子はまだまだだった。ショートから勝負モードに入ったままだな。珍しい。

諸岡:次は4回転サルコウ。

クリス:次はトリプルアクセル。シングルループ、トリプルサルコウ。あの看板の前から、せーのーよっしゃ!

諸岡:コンビネーションジャンプ決まりました。

ヴィクトル:勇利、違うところでアップしよう。

      人目が少ないところは…どこだ…

 

クリス:オレが好きなスケートが滑れるのがオレだけだ。氷の上で生きていくヴィクトルもオレと同じだと思っていたよ。ずっと。

解説:4回転サルコウ。ダブルトウループ。

諸岡:ここは完璧に着氷しましたー!

クリス:氷を降りて、守るものができるなんて、ヴィクトルらしくないよ!

    10年前、ユーロで優勝した君とシニアデビューのオレが出会った。

    「ヴィクトル!おめでとう!」

    「君の名前は?」

    「クリストフ.ジャコメッティ」

    「OK」

    「クリス、ワールドでね。」

    「うん!」

            勇利は君を超えられない。今シーズンはオレが勝つ!そしてヴィクトルをここに連れ戻す!

諸岡:最後のジャンプきまったー!

クリス:次に君が僕の隣にくる時は、僕が真ん中に立つって信じてる。

    またイキそうーうあ!

美奈子:最、最高です。

 

諸岡:ショートとの合計283.81、季光虹に大差をつけてトップに躍りましたー!

勇利:ヴィクトル、今順位どうなって…?

ヴィクトル:オーケー、勇利、まずは深呼吸しようか。

 

諸岡:タイのピチット・チュラノン、20歳。曲は映画"王様とスケーター2"より「Terra Incognita」 。

解説:トリプルアクセル。

ピチット:ok!僕が掴んでみせるタイの未来!

チャオチャオ:昨日のショートからすっかり観客がピチットに夢中。勇利と違って、やはり生まれ持った華やかさは別格だなあ。

諸岡:この大きな歓声がピチット.チュラノンへの大きな期待感が物語っています。次はトリプルルッツ。

ピチット:2種類4回転とプログラムコンポーネンツがいつも僕より上なのがクリスと勇利。1種類しか飛べない僕が二人を抑えるには4回転をすべて後半に持っていく構成で勝てを狙う!グランプリファイナル行くのは、この僕だ!

諸岡:こういったステップの表現もタイ人らしい彼の持ち味ですねー。後半のジャンプーーさ、4回転一つ目ー!4回転トウループ、きめーた!

ピチット:タイ人の僕がグランプリシリーズで4回転をきめるんだなんて、つい最近まで誰も想像してなかったんだよ。僕はずっと信じてたんだけどね!

解説:4回転トウループ、ダブルトウループ。

諸岡:二つ目もきまたーー!

ピチット:誰のまねでもない、僕にしかできないこと!

諸岡:最後のジャンプはトリプルフリップ、シングルループ、ダブルフリップのコンビネーションを残しています。

   きめたー!ジャンプすべてノーミスー!!タイの歴史が、いや、アジアの、世界の新しい歴史今ここに刻まれます!

   ピチット.チュラノン、20歳ー!

 

ヴィクトル:聞くな!!!

諸岡:初戦アメリカ大会では4位に終わったチュラノン、2戦目中国大会で初優勝なるか。もし優勝が決まれば、タイ人として初めてのグランプリファイナル進出目前!

  オオ!ショートとの合計285.76、ジャコメッティを抑えてトップ!もちろんシーズンベスト!

ピチット:グランプリファイナル応援お願いします!

チャオチャオ:ほら、まだ決まってないぞ。

ピチット:ああ!そうか。

 

レオ:アメリカ大会はこのオレが優勝。

レオのコーチ:そうよ!

レオ:昨日だってショートプログラムで3位!

レオのコーチ:上出来!

レオ:このなかで一番ファイナルに近い男はこのオレ!レオ・デ・ラ・イグレシア。

レオのコーチ:その通りよ!

諸岡:アメリカの19歳レオ.デ.ラ.イグレシア!

 

ヴィクトル:若ければ他の選手の結果に左右されるのも分かるが、勇利はなんぜここまで怯えているんだ。なんて言えば勇利のモチベーションがあがる?さっぱり分からん。

勇利:ヴィ、ヴィクトル。そろそろ順番だから。戻なきゃ。

ヴィクトル:(選手の心はガラスのように壊れやすい。壊れやすいなら)勇利!

勇利:え?

ヴィクトル:(いっそ一度粉々に壊してみるか)もし勇利がこのフリーで失敗して表彰台に登れなかったら、オレは責任とってコーチをやめる。

勇利:なんで。今そんな試すようなことを言うの?

ヴィクトル:壊れた!!

      あ、ごめん、勇利、今のは本気じゃ…

勇利:僕が負けたら僕だけ悪く言われるぐらいは慣れてるよ。でも今回はヴィクトルまで迷惑をかけるからずっと不安なんだよ!コーチやめたいって心のどっかで思ってじゃないかって!

ヴィクトル:そんなこと思ってるわけないだろう。

勇利:知ってるよ!

ヴィクトル:泣かれるのは苦手なんだ。こんな時どうしたらいいのかわからない。

      キスでもすればいいのかい。

勇利:違うよ!僕が勝つって僕より信じてよ!だまってていいから、離れずにそばにいてよ!

 

諸岡:アメリカのレオ.デ.ラ.イグレシア、フリー終わって現在の順位は第6位です。

レオのコーチ:レオはアーティストなんだよ。あなたの祈りは世界中に届いてたわ。

レオ:うん、アメリカナショナル頑張るから。

 

諸岡:次はロシアの ギオルギー・ポポーヴィッチ27歳。曲は 「A Tales of Sleeping Prince 」。

ギオルギー:アニア、どこ?なんぜ私をおいて行くんだ。こんなに愛してるのに。

解説:4回転サルコウ、トリプルトウループのコンビネーション。

諸岡:今シーズンのテーマはハートブレーク。表現力の広がりにぜひ注目してほしいと話していました。

ギオルギー:永遠の呪いをかけてごめんね。私のお姫さま。王子さまのキスをずっと待ってたんだろう。

諸岡:さートリプルループ。

アニア:行きましょう。(アニア?)

ギオルギー:うおっ!アニア!逃げないで、君を守るのは私だ!そんな!アニア!うそだ!信じない!NOーー!

解説:次は4回転サルコウです。

諸岡:あーと!転倒!

ヤコフ:目を覚ませ!お前は誰よりもわしの言うことを聞いてきた。それは弱点でもあっても。ヴィクトルにないものに求め形にしたプログラム、自信を持って滑ってこい!

諸岡:次はトリプルフリップ。きまった!堂々とした表情です。

ギオルギー:目覚めさせて。君の声が聞こえるよ。アニア。どんなことがあっても君にキスしてみせる。君を救う約束をするよ。いつも君の味方さ。だから君を救う約束をするよ。いますぐ救ってみせるから、君は一人じゃない。

      ヴィクトル、そこで私を見ている気持ちはどうだ!これから私の時代だ!

ユーリ:あ、フリー見忘れた。

優子:勇利君大丈夫かな。なんか目赤くない?

三姉妹:本当だ!

豪:ヴィクトルと何かあったかな。

 

ヴィクトル:だまってていい…(勇利:僕が勝つって僕より信じてよ!)こういうときコーチはどうするべきかヤコフに聞いてとけばよかった。

諸岡:ギオルギー・ポポーヴィッチの得点252.44現在3位です。

ギオルギー:ロシアナショナルのときこのプログラムネクステージに持っていかなくては。

ヤコフ:課題は止まずにだな。

 

諸岡:さー、最終滑走はショートプログラムトップの日本の勝生勇利。

ヤコフ:生徒に慰められているようじゃ。コーチとしてまだまだだな。ヴィーチャ。

諸岡:曲は「Yuri On Ice」。

 

勇利:泣いたらすっきりしたなあ。僕が急に泣き出したときのヴィクトルの顔おもしろかったなあ。

ヴィクトル:なんぜ笑ってる?

勇利:試合後には泣いたりはあったけど、試合前は初めてだ。えっと、最初のジャンプ…4回転トウループとダブルトウループのコンビネーション。

解説:4回転、2回転。

勇利:思ったよりいけた。

諸岡:まずは最初の4回転成功です。勝生勇利、このフリーでは4回転を2種類、3本組み込んできています。

チャオチャオ:今日は珍しくてリラックスできてるな。

勇利:コーチとして未熟すぎるんだよ、ヴィクトルは。僕がメンタル弱いなんても今始まったことじゃないんだからさ。このぐらい覚悟しててね。ヴィクトルのバカ。

諸岡:4回転サルコウ。

勇利:あ、飛べた。

ヴィクトル:パーフェクト、勇利!

諸岡:今シーズンのテーマは愛。

(愛を知って強くなった僕をクランプリファイナルの金メダルで証明します!)

記者会見で力強く言い切った勝生勇利。

(解説:トリプルループ)

美しいです。次は得意のトリプルアクセル。あ!手をついてしまったー!

勇利:スビートコントロールできてなかったかな。練習で飛んでないわりにはよかった。次トリプルフリップ。あ、最後の4回転、トウルップじゃなくてフリップにしたらヴィクトルどんな顔するんだろう。

諸岡:次はトリプルアクセル、シングルループ、トリプルサルコウのコンビネーション。これはオーバータンです。

勇利:オーバータンしたけど、寝てないのに疲れてない。

諸岡:トリプルルッツ、トリプルトウルののコンビネーション。後半に入ってから疲れを見せませんー。さー、ここからステップシークエンスです。

勇利:もっと強くなりたい。もっと強くなれる。僕はヴィクトルの想像を超えられる!

諸岡:最後のジャンプは4回転トウルップの予定です。あ!4回転フリップだ!転倒しましたが、回転は足りたように見えました。4回転フリップはコーチであるヴィクトル・ニキフォロフの代名詞!高難度のこの技を体力の落ちる一番最後に飛ぶことはヴィクトル・ニキフォロフでもしませんでした!私達の期待のはるか上を超えてくる男、勝生勇利!

美奈子:え?え?今のフリップ?

勇利:(泣いてる?怒ってるの?どっち!?)

   ヴィクトル、僕よかったでしょう?

ヴィクトル:勇利以上の驚かせる方法は、これしか思いつかない。

勇利:あ、そう?


中国大会、ピチット君が初優勝、クリスを抑えて、僕は銀メダル。

ヴィクトル:4回転フリップが認定されたことだし、次のロシア大会じゃ勇利は優勝してグランプリファイナル進出は間違いないね。コーチとしてロシアに行くのは楽しみだよ。

ミラ:だってよー。

ユーリ:モスクワでボルシチにしてやるよ。このブタ野郎が!

 

(後記:都不知道花了多少個小時來聽寫了。本來以為:嗯,好像都聽得懂嘛,應該還好。結果吃了不少苦頭……雖然有中文字幕幫助,但還是花了很多時間反复去聽。也花了很多時間去查自己不知道的字。

當聽了幾十遍都聽不懂的時候在檢查是突然明白了感動得講不出話來啊)

創作者介紹

成文堂

仲修 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()